インゼルTC募集馬を徹底診断!【No.1 ヴィニーの21】

インゼルサラブレッドクラブで募集予定の計20頭を徹底診断!

メインライターである牝系研究家のジェンティル、現役馬主ジェイに加えて血統大好きで知られる一口馬主YouTuberのこもこもさんにも加わっていただき、3人の評価をそれぞれ発表します!

※評価はS.A.B.C.Dの5段階です。馬体、歩様に関しては本記事では評価対象としていません。

募集馬プロフィール

牡馬
父 ロードカナロア
母父 ディープインパクト
ファミリーNo. F22-d
価格 5500万円(1口11万円)
厩舎 池江厩舎(栗東)
生年月日 21.1.19




牝系研究家ジェンティルの見解

牝系解説

日本での牝祖は祖母コケレール

牝系としては5代母Rose de Saronを根幹として欧州、北米、南米で広がりを見せている。

Rose de Saron自身は競走馬としてもモルニ賞(G1・芝6F)で2着の実績がある。

ファミリーからはエンリケ・デ・トレド・ララ大賞(G1・芝8F)とマルガリーダ・ポラク・ララ大賞(G1・芝8F)を勝利しているMacadamia、ベント・ゴンサルベス大賞(G1・ダート12F)勝ちのBeduino do Brasilなどが出ている。

また本馬の3代母の半兄にはサンセットH(G1・ダート12F)勝ちのRoi Normandもいる。

持続力スタミナが自慢のファミリーで追ってから長く伸びる馬が多い。

祖母コケレールは現役時サンタラリ賞(G1・芝10F)を勝利。

ここまで祖母の産駒はJRAで5頭出走し、うち2頭が勝ち上がり

2歳馬のスティルディマーレ(父ロードカナロア)も未勝利戦の内容を見る限り勝ち上がれそう。

出世頭は初仔のラヴィエベール(父ディープインパクト)でこれが芝中距離で3勝

母や牝系の実績を考えるとここまで少々物足りない成績となっている。

母ヴィニー

母ヴィニーは現役時芝11Fで1勝

本馬は2番仔だ。

初仔のドルヴァル(父ロードカナロア)もインゼルの所属馬だがまだデビューしていない。

母は繁殖として未知数だが、コケレールの実績を考えると若干尻すぼみかなという印象がある。

この馬もお値段は高く、このお値段ならキャロットクラブで募集されていたコケレールの21の方がお買い得感がある。

まとめ

本馬は父にロードカナロアを迎えた。

ロードカナロア×ディープインパクトの組み合わせでは既出走馬での勝ち上がり率約56%。

ロードカナロア全体としては53~4%なので若干水準よりも上の組み合わせ。

代表産駒は小倉2歳Sと京王杯2歳Sを勝利しているファンタジスト。

ディープインパクトにつけられている牝系ということで上等なファミリーは全体的にスピードタイプが多い。

従って獲得賞金上位はマイル以下で良績を残す馬が並ぶ。

本馬の場合はコケレールが芝中距離で活躍したようにスタミナは有している一族。

ただロードカナロアとの組み合わせとなると、芝のマイルくらいがベストになるんじゃないかと考えられる。

ある程度距離が持ちそうな身体つきの方が牝系の良さが出ているし、馬体を見る際は注目ポイントの一つとしたい。

しかし、特段強調材料は感じられない。

コケレールの21と比べてかなり値段も高い。

評価 D

メインライタージェイの見解

全兄のドウヴァルは2歳未デビューです。呼吸器心配するコメントが出ていて少し心配ですね。祖母コケレールは海外G1馬ですが、産駒は3勝馬が1頭出たのみとやや苦戦気味。

ミスプロクロス持ちのローカナ産駒は持っていない産駒に比べて勝ち上がり率3.7%マイナスとやや劣勢です。

重賞馬率はクロス持ち1.6%とクロスなし3.5%と2倍以上の差があります。

これはない方が良いかもしれません。

ただ、ローカナ×母父ディープは勝ち上がり率48%と産駒平均43%と比べても優秀です。

兄と同じ池江厩舎所属予定。

池江厩舎はリーディングは素晴らしいですが、一口馬主からは評価が分かれている印象です。特にDMM会員さんは怒っている人が多かったような…。

評価 B

一口馬主YouTuberこもこもの見解

母父にディープインパクトを配合したロードカナロア産駒は、勝ち上がり率が50%近くあり非常に優秀です。

また本馬の母母であるコケレールは仏G1サンタラリ賞の勝ち馬であり、その産駒たちはノーザン系クラブ(シルク・キャロット)に多く募集されていますね。

その中でも母ヴィニーはセレクトセールで約1.5億円で落札された馬でありキーファーズの所属馬でした。

母母父はゴーンウェスト系のザフォニクの全弟です。この兄弟は米国産ですが、活躍舞台は欧州の芝でした。牝系の活躍馬も欧州で活躍馬している馬ばかりです。

ロードカナロア×ディープインパクトの組み合わせで獲得賞金上位馬も比較的欧州血統が多いです。

現に同組み合わせは芝の勝ち馬率が40%近くあり、ダートは15%ほどしかありません。

この結果を見ると母方は欧州系の血統が良いと思うので、この配合は良い方であると思います。

適正はもちろん芝のマイル以下を狙いたいですね。

価格は少し割高感がありますので、高評価とはなりませんがそこそこの評価です。

評価 B

ライタープロフィール

ライター:ジェンティル(貴シンジ)

牝系研究家・競馬ライター

獣医師堀田茂氏に感銘を受け、生物学・遺伝学の観点からサラブレッドの血統を分析。牝系こそがサラブレッドの根幹であると考え、日夜サラブレッドファミリーの研究を行う。個人ブログ『牝系研究者の一口馬主メモ』では月間11万PVを達成。

ライター:ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4000人超え&累計再生200万回超えの元一口馬主YouTuber。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統の配合相性を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、リレーションハート等。

ライター:こもこも

一口馬主系YouTuber

2018年産駒から一口馬主デビュー。
血統をメインに募集額4000万円以下の馬から出資馬を選定するといった、コスパを重視して活動する一口馬主YouTuber。
現在はノルマンディー・DMM・キャロットの3クラブで一口馬主を楽しんでいる。
一口馬主の楽しみをもっと色んな人に知ってもらう為、一口馬主YouTuberとして活動を始める。
関西弁がキツイのはご愛嬌(笑)
代表馬はノルマンディーはバイタルエリア・DMMはバックスクリーン

One response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です