【エプソムカップ2023予想】6週連続的中!展開&馬場分析から浮かび上がる注目馬3頭 byぷりくま競馬チャンネルくまお

くまお
くまお
みなさん、こんにちは!ぷりくま競馬チャンネルの「くまお」です。

僕は、普段YouTubeで予想動画を公開していますが、安田記念に引き続き、今回もご縁があって「サララボ」さんで記事を書かせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。

↑YouTube動画になります、ぜひご視聴の上チャンネル登録と高評価をよろしくお願いします

予想スタイル

僕の予想スタイルですが、データ分析を基礎として、展開予想と馬場分析で詳細をつめるスタイルです。今回もそれらの観点から予想を組み立てました。

ちなみに、天皇賞・春から連続的中が続いていまして、現在6週連続で的中しています!

今週も一緒に当てましょう!!

早速ですが、注目馬を3頭紹介していきます。

エプソムカップ分析

エプソムカップは荒れやすい重賞なのですが、主な要因は梅雨の時期に開催されることだと思います。

過去3年分の馬場状態と3着以内に入った馬の脚質に着目してみましょう。

2022年 重馬場

1着 ノースブリッジ 先行

2着 ガロアクリーク 先行

3着 ダーリントンホール 先行

2021年 良馬場

1着 サダル 差し

2着 サトノフラッグ 追込

3着 ファルコニア 差し

2020年 不良馬場

1着 ダイワキャグニー 先行

2着 ソールグリッタリング 先行

3着 トーラスジェミニ 逃げ

特に注目してほしいのが脚質です。

各年毎に分けて見てほしいのですが…

・2022年⇨先行馬

・2021年⇨差し(追い込み)馬

・2020年⇨先行(逃げ)馬

ということで、同じ年で馬券になった3頭はどれも似たような脚質をしていますよね。

エプソムカップは梅雨の時期に開催されるということで、毎年のように雨が降ります。

レース当日に雨が止んだ場合でも、乾き具合などによって馬場状況は全く違ってきます。

なので、その年の馬場の状況によって有利な脚質が変わってくるということだと思います。

問題は今年有利となる脚質ですが、以下の2つの点から、差しが決まりやすい展開になると予想します。

まずは、各出走馬の脚質です。

今回の出走メンバーをみると前に行きたそうな馬が多いので、ハイペースになりやすくて、差しが決まる展開になりやすいのかなと思いました。

次に、週末の天気と今回抜けて強い馬がいないという点です。

今週末は金曜日から雨が降ったり止んだりの天気予報ですので、おそらく稍重か重馬場で開催されると予想します。

そのような中で、抜けて強い馬がいないとなりますと、道悪を利用して早め先頭で勝ちに行こうとするジョッキーが多くなる可能性が高いです。

そうなると、ペースが上がって差しが決まるということが良くあります。

今年の皐月賞が、まさにそのような展開でした。

結果としてソールオリエンスが強い勝ち方をしましたが、レースが始まる前までは誰が勝つのか分からない大混戦模様で、単勝人気1桁代の馬が6頭もいたことを思い出してください!!

馬場状態は重で、1000mの通過タイムは58.5の超Hペースでしたので、結果として前が総崩れをして、差しが決まる展開になりました。

これについては、YouTube動画の中で詳しく説明をしていますので、気になる方は動画で詳細をご確認ください。

注目馬

レインフロムヘヴン

今年は差しが決まりやすい決着になると予想しますので、人気サイドでは、前走の府中ステークスで早め先頭の差し合いを制したレインフロムヘヴンに注目です。

レインフロムヘヴンはこれまで4勝していますが、それらは全て東京競馬場で勝っていますので、コース適性は抜群です。

またデータ分析をすると、前走2000mから距離短縮をした馬が馬券になりやすい傾向があります。

レインフロムヘヴンの前走は府中ステークスで2000mですね。

今絶好調のレーン騎手が乗るのもいいと思います。

エアファンディタ

おそらく後ろからの競馬になると思いますので、今回は有利なレースができそうです。

この馬、これまでは1600mのレースばかり使われていたのですが、去年の冬から1800m以上を使われるようになり、そこから成績が安定してきています。

6歳馬ではありますが、まだまだ距離適性の底を見せていないという点で要注目です。

今回6番人気想定で、あまり人気にならなそうなので、相手として買ったら面白いんじゃないかなと思います。



ルージュエヴァイユ

この馬もおそらく後ろからの競馬になると思いますので、今回は有利なレースができそうです。

まだ4歳と若いのですが、エプソムカップのデータ分析では4歳馬の好走が目立ちます。

オークス6着のあとに、山中湖特別とユートピアステークスを連勝してるのですが、どちらも東京競馬場のレースですので、コース適性もあると思います。

直近の2走は負けてるのですが、これらには明確な理由があります。

まず2走前の愛知杯。

4コーナーで5番手以内にいた馬がそのまま掲示板に入る超絶前残りレースでした。

ルージュエヴァイユは4コーナーで一番後ろの15番手から追い込んで、しかも大外をぶん回すめちゃくちゃ不利な競馬でした。

展開が全く向いていないレースですので、度外視可能です。

そして前走のメイステークス。

この馬の東京実績を評価されて1番人気に支持されていましたが、10着に敗れました。

レース映像を見てほしいのですが、最後の直線で両サイドの馬に挟まれて、全く競馬になっていないです。

これも度外視可能ですね。

このように直近の2走は明確な敗因があります。

これらを度外視すると、オークス6着のあとに、東京競馬場で2連勝をしています。

全く人気にならないようですが、こう考えると実力の割に人気がないオッズ妙味のある不人気馬だと思います。

エプソムカップが荒れる重賞であることも考えると、今回は一発あると考えてます。

枠順や当日の馬場状況によっては、本命にしても面白いんじゃないですかね?

前走は1番人気に推されたポテンシャルの持ち主でもありますからね。

具体的な買い目は、土曜日の16時頃にYouTubeで公開します。

今回の記事が面白いと思った方は、ユーチューブのチャンネル登録をしていただいで、土曜日の動画も参考にしていただけると嬉しいです。

↑重賞予想や馬券の買い方の動画などを投稿しています、ぜひチャンネル登録をこちらからお願いします。

~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

3 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です