【PON馬券塾】今日から使える「複勝」の極意2選

皆さんこんにちは。馬券師PONです。
前回は「単勝」のメソッドをお伝えしましたが、今回は「複勝」のマインドについてお伝えします。

最強の的中率を誇る「複勝」

複勝ってどんな馬券?

複勝は3着までに入る馬を当てる馬券です。
※出走頭数が7頭以下の場合は2着までで的中。
その為、全ての馬券の中で最も的中させやすい馬券です。

しかし侮るべからず。
過去の複勝最高配当は2010年6月26日の16番人気(最低人気)ヴィヴィアンが3着に突っ込んできた3歳未勝利で、その配当はなんと161.1倍。

しかし、ここに大金を突っ込むことは非現実的でしょう。
基本的にはあまり配当はつかず、堅実に当てていく際に効果的な馬券。だからこそ競馬素人から玄人まで、幅広く愛される券種であると言えるでしょう。

私は競馬初心者を競馬場に連れていく際は、ほぼ確実に最初は複勝を買わせます。
まずは「馬券が当たる喜び」を味わってもらい、競馬を好きになってもらうことが大事だと思っているので、複勝はそういう競馬の入口としては素晴らしい馬券だと思っております。

まずは複勝を当ててもらって、そこから単勝やワイド、馬連などに発展することで勝っても負けても楽しい競馬デビューとなるでしょう。

玄人にしてみても、第2回の「単勝」(リンク差し込み)の記事でお話しした通り、最も払戻率が高い券種は単勝と複勝です。

JRA払戻率(2023年2月現在)

なので、単勝や複勝を中心に馬券を組み立てることは非常に理に適っており、馬券玄人にも複勝は愛されるわけです。

複勝転がしのノウハウ

複勝は当たった配当金をそのまま次のレースの複勝の馬券代にするという戦い方も一般的に知れ渡っているでしょう。

俗に言う「複勝転がし」「フクコロ」ですね。
複勝転がしをする方にお伝えしたい指針は2点。

・目標金額を設定し、そこに到達したらやめる
・目標の転がし回数を設定し、そこに到達したらやめる

この2点のいずれかを設定して複勝転がしに挑まれるのがベターでしょう。
というのも、目標を設定せず転がし続ければいずれ全額を失う未来が待っているからです。



塾長PON直伝 的中率最強「複勝」の極意

複勝の極意①「複勝×単勝」でボーナスを狙え

複勝を他の馬券と組み合わせることは時として有効。

まず一つ目にご紹介したい組み合わせは「複勝×単勝の複合馬券」です。

前提として複勝を大本線に、「単勝」の記事にも記した通り単勝を添えて、もしその馬が1着に来た場合にボーナスが貰えるようにした馬券です。

複勝の極意②「複勝×ワイド」こそが最強の組み合わせ

二つ目にご紹介したいのは断然の1番人気がいる際に用いる、◎穴馬の「複勝×ワイドの複合馬券」です。

実例をもってご紹介しましょう。

2022年1月23日、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

このレース、断然の1番人気(最終的には2.0倍)だった11番オーソクレースが出走していました。
ですがこの馬、高確率で馬券に来そうではあるものの、3着すら外す確率も少なからずあるというのが当時の私の見立て。

そんな中で自分が本命にしたのは14番のマイネルファンロン。
単勝オッズは11番人気の87.9倍と大穴でした。
確かに高齢馬で近走も12着、8着、17着と不甲斐なかったものの、この馬は調教がレースと直結しやすい馬ということを私は以前から注目していました。
当時の調教は近走と比較して明らかに内容が良い。
また、晩成傾向の強いステイゴールド産駒なので年齢による衰えも不安材料としては弱く、ここは一発あっても良いと思い本命にしました。

そして自分の購入した馬券が以下の通りです(画像なくてごめんなさい)。

単勝 14マイネルファンロン(87.9倍) 200円
複勝 14マイネルファンロン(9.3-21.7倍) 1200円
ワイド 11オーソクレース-14マイネルファンロン(29.6-35.9倍) 600円

結果は以下の通りです。

2022AJCC着順

本命の14マイネルファンロンは見事2着に。しかし、断然人気の11オーソクレースは馬券外に沈みました。

これにより自分の馬券は複勝のみ的中。
断然の1番人気が飛んだことにより14マイネルファンロンの複勝は18.8倍もつき、
2000円の投資で払い戻しは複勝だけなのにも関わらず22560円でした。
※複勝は他の的中馬の組み合わせによって払戻額に幅が出ます。人気馬の複勝が外れれば配当金は高くなります。

2022AJCC払戻し

勘の鋭い方はもうお気付きですね。
この馬券、非常に理に適っている馬券なのです。

断然の1番人気の馬がいて、自分の本命が穴馬だった時。

複勝 ◎
ワイド ◎-断然1番人気

この買い方がPONが最適だと考える複勝術です。
もちろん◎が馬券内に来るのは大前提。

「1番人気が来れば、複勝とワイドのW的中」
「1番人気が来なければ、ワイドは外れるが複勝の払戻しが高くなる」

素晴らしいことに1番人気が来ても来なくても儲かる仕組みなのです。
この馬券は、◎が穴馬であればあるほど、そして1番人気が断然の人気馬であればあるほどその威力は絶大です。

複勝と上手く付き合っていく

複勝は最も当てやすく配当の低い券種ではありますが、奥の深さもあります。

また、当該馬以外の残り2頭との組み合わせによって大きくオッズが変化していく馬券でもあります。

この特徴を踏まえた上で、複勝と上手く付き合っていくことが、回収率向上への最重要事項でしょう。

今回は「複勝」の効果的な買い方、使い方を解説しました。
あなたの馬券の一助となればPON馬券塾、塾長として誇りに思います。
次週は馬券塾の連載をお休みして、番外編「口取り式」の魅力についてお伝えします。

<ライタープロフィール>

競馬予想系YouTube「PON HORSE CLUB」を運営。
江分輪太の弟子。馬券は穴から。
極度の現地観戦主義者で、1年間で競馬場に72回行ったことも。
ヤクルトスワローズ・川崎フロンターレ・大相撲・お笑い芸人・酒を愛する男。
一口馬主はキャロット・シルクに入会中。代表馬はシルブロン・アンクロワなど。

2 Responses

  1. […] 皆さんこんにちは。馬券師PONです。今回はサララボで初めて予想記事を掲載していきます!初回となる今回は中山牝馬S2023予想です、よろしくお願いします! ↑PON塾長の人気動画 6000回以上再生されています(執筆時) 【PON馬券塾】今日から使える「複勝」の極意2選 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新の投稿