【レパードS2023予想】ミスティックロア出資者がガチ予想!人気に応え初の重賞制覇なるか?

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
今回は私の出資馬であるミスティックロアがレパードSに挑戦することが決まりましたので、レパードSの予想記事を書いてみたいと思います。
最初に断っておきますが、出資者の主観が入りまくっていますので、明らかに肩入れしているな(笑)くらいのテンションでお楽しみください。

レパードS傾向

前走

JDD組が最も相性がいいです。2009年以降このローテの馬が5勝9連対と活躍しています。

JDDはダート中距離の世代最強を決めるレースですからなんとなくこの結果は予想できますね。

しかし、これに次いで成績がいいのは前走条件線組なんです。特に左回りの1800mダートレースで実績がある馬は、要注意です。

今年の出走馬でJDD組はいません。

前走4着も条件線(3勝C)でダート1800m左回りを使われたのはライオットガールです。

過去のレースも含めるとソッコータルマカも過去にダート1800m左回りの1勝Cを勝利しています。

レース展開・脚質

舞台となる新潟ダート1800mは最初のコーナーに入るまでの距離が長いため、流れは落ち着きやすいです。

流れが落ち着きやすいということは、基本的に先行勢が優勢です。

2009年以降、4角を4番手以内で通過した馬が9勝を含む20連対と好相性ですね。

今回の出走馬で前走4角で4番手以内につけていてレースを勝ち切ったのはミスティックロアルクスフロンティアエクロジャイトです。

一方で、上がり3F最速馬は(7.2.5.3)という抜群の安定感です。

後方からの追い込みだと届かないことは多いですが、「上がり最速が使える馬」はかなり重視した方が良さそうです。

中団あたりから押し上げていき、4角通過時には4番手以内に。

そのまま上がり最速で先行勢を差し切るというレースが勝ち馬のイメージでしょうか?

今回のメンツで上がり最速が出せそうな馬はしっかりとマークしておきたいですね。

前走で上がり最速を出している出走馬は、リバートゥルーオメガギネスミスティックロアエクロジャイトクールミラボーです。

つまり、前走4角以内かつ上がり最速を出している馬はミスティックロアエクロジャイトの2頭になります。

過去10年で勝ち馬が最も多いのは3勝の6番ゲートです。

次いで2勝の15番ゲート。

あとは1勝の1番、2番、5番、9番、13番ゲートと並びます。

複勝率が高いのは50%の9番ゲートと40%の2番ゲートです。

最初のコーナーまでの直線が長いためか、内外でそこまで大きな差がある印象は受けません。

複勝率を見てみると5〜9番の中枠がやや数字がいいでしょうかね?

馬体重

最多勝利は460-479kgの4勝です。複勝率も22.2%と優秀です。

一方、520kg越えの大型出走馬が過去10年で(2-2-3-7)で複勝率50%と非常に優秀な数字を出しています。

人気馬だけがきているわけではなく、18年は10番人気ヒラボクラターシュ(522kg)が2着、9番人気ビッグスモーキー(530kg)が3着、19年は11番人気トイガー(544kg)が3着、そして昨年は7番人気カフジオクタゴン(546kg)が1着だから、毎年のように馬券に絡んでいます。

今回の出走馬の中で、前走520kg以上でレースに出ていた馬はベンダバリラビアミスティックロアです。

人気

2009年以降、1番人気は(6.3.3.2)で複勝率80%超。

2番人気も(3.2.2.7)とマズマズの成績を残しているので、人気馬にはあまり逆らわずにある程度点数を絞った馬券を考えるのもいいかもしれません。

今回1番人気想定はミスティックロア

2番人気想定はクールミラボーです。

展開予想

内枠から前目のポジションを狙っていきそうなのはソッコータルマカあたりでしょうか?

ハナ争いをするのは外枠からの競馬になるパクスオトマニカルクスフロンティアエクロジャイトの3頭。

外枠からこの3頭が内に切り込んでいき、内枠からソッコータルマカが4番手あたりに収まるのではないかと思います。

人気のミスティックロアクールミラボーはどちらもスタートがあまり上手なタイプではなく、出遅れ癖があるタイプなので、スタート次第では後方からの競馬になりそうです。

スタートが決まれば、この2頭は中団外目にポジションを取るのではないかと思います。

特にミスティックロアは砂をかぶるのがダメな馬なのでこの枠であれば前を争う馬たちを活かせた後に中団外目、7−8番手を取るというのが理想の形だと思います。

例年ペースが緩くなり逃げ・先行馬の成績がいいレースではありますが、今回は前に行きたい馬が外枠に固まったことにより、最初のポジション争いである程度脚を使う可能性があることや、隊列がすぐに決まらずハナ争いが激しくなれば前が消耗して中団以降に勝機が巡ってくる可能性があると思います。

中団の有力馬はヒヤシンスS3着の実力馬であるエクロジャイトを目標に3角あたりから捲り気味に上がり始め、4角〜直線では脚を残している先行馬+中団からポジションを上げて前目5番手あたりまでポジションを上げた馬たちのロングスパート勝負になるのではないかと予想します。



◎9ミスティックロア

○13エクロジャイト

▲5ライオットガール

△14クールミラボー

☆3クレメダンジュ

注6オメガギネス

各馬評価

◎9ミスティックロア

はい、逆らいません。

出資馬ですから、そりゃそうです。

ただ、もちろん応援的な意味だけで本命にしているわけではなく、今回は本当に舞台は整っていると考えています。

馬体重のサイズも520kg以上の好走レンジに入りますし、1番人気の複勝率も非常に高い舞台です。

そして、特筆すべきはこの馬のこれまでのレースぶりです。

スタートが下手な馬ですし気性がヤバい馬なので、ポジションは中団からやや後ろ目に最初はなってしまいますが、ぐんぐんと馬群の外目を進出していき、4角出口では初戦は2番手、2戦目の勝ち上がった未勝利戦3番手、連勝した1勝C4番手と全て4角は4番手以内で通過しています。

さらに、全て上がりは最速です。

4角4番手以内かつ上がり最速が出せる可能性が極めて高い1頭であり、複勝率の高い中枠を引きました。

1800mダートはデビューから継続で使われてきている距離ですし、追い切りタイムを見ているとスローからの瞬発力勝負よりロンスパ勝負に持ち込んだ方が活きる馬だと思いますので、このレースとのマッチングは非常に高いと思います。

また、もともと左前が外弧気味に出る歩き方をする馬で、手前を変えるのが下手だと言われてきました。

左前が外に向かう力の動きをするということは、右回りより左回りの方がロスが少ないですよね。

これまで全て右回りのレースを使われてきた馬ですが、左回りに変えた方がいいと複数の乗り役から指摘されていました。

今回初の左回りになりますが、私はこれまでよりパフォーマンスが上がるのではないかと思っています。

追い切りタイムは坂路で53.2-38.6-24.8-12.1と加速ラップで綺麗に刻めていて前走時より上積みを感じます。

これまでホウオウアマゾンをはじめとして重賞馬たちを稽古で置き去りにしてきた馬ですし、川田騎手が抽選が外れた場合に備えて新潟の2勝Cと翌週の小倉の2勝Cも空けておいて待ってくれるほどの馬です。

ここは正直、通過点であって欲しいです(完全に願望)

相手関係的にも完全に力負けするようなライバル馬は正直いないと思います。

力関係OK,舞台OK,仕上がりOKとあればあとは逆に負ける要素はどこにあるのでしょうか…?

はい、出資者の皆様はよくお分かりだと思いますが”気性”です。

この馬は全て輸送のない阪神で使われてきた馬で、それでも入れ込みまくってなんとか能力で勝ってきた馬です。

坂路での動きが良くなってトモに力がついてきた印象は受けるのでゲートは改善するのではないかと願っていますが、ここは相手関係も強化されていますし、掛かりながら勝てるような甘いレースでは重賞はないと思います。

初の輸送+酷暑、大観衆でも追い切りのようなパフォーマンスを発揮できるか?この馬は己との戦いのレースだと思います。

そのため、ぶっ飛ぶ時はぶっ飛ぶと思います。

単勝オッズは6-8倍程度が適正だと思いますので、ちょっと過剰人気だと思います。

少なくとも複勝に大金を突っ込むのはやめた方がいいと思います。

3連単の頭固定で少額買うとか、先行馬を差し損ねたことを想定して先行馬を頭に、2頭目に軸で入れるとか、そんな買い方がいいのではないでしょうか?

ここまで褒めまくってきましたが出資者目線で考えても「複勝圏内は堅いですよ」という馬ではないと思います。

ちゃんと自分の力を出せば勝てる、出せなければ惨敗もあり得ると思います。

輸送で馬体がガレている(大幅は馬体減)やパドックでありえないぐらい入れ込んでいたら評価を大きく下げてもいいかもしれません。

ただ、これまでパドックでは基本ずっとちゃかちゃかしていた馬なので変におとなしくても怖いですけどね。

馬場入りでスイッチが入ることもある馬らしいので、テレビなどで観戦されてギリギリで馬券を買う人は返馬のテンションも見た方がいいと思います。

ジェイは当日のコンディションを見ながら単勝にとりあえずぶっこもうと思っています。



○13エクロジャイト

ミスティックロアで筆が走りすぎたのでちょっとここからコンパクトにいきます(笑)

2番手は圧倒的にこの馬、僕は普通にミスティックロアが力を出して差し損ねる、つまり負けるとしたらこの馬だと思っています。

この馬は先行力がありゲートも速いので、逃げ争いに加わることができるミスティックロアにはない強さがあります。

前走の鳳雛S(L)では、ハナを切りながら上がり最速で勝利する圧倒的な競馬。

まさに今回のレパードSで求められている要素を全て持っている馬だと思います。

さらに、距離は200m短いマイルレースではありますが、出遅れながらヒヤシンスSで3着に入っているのはもっと評価されるべきだと思います。

この時の勝ち馬ペリエールはその後UAEダービー4着、ユニコーンS1着と活躍していますし、2着馬ゼットリアンは鳳雛S(L)でエクロジャイトに逆転されて2着になってしまうも、7月15日にしっかり大府特別(2勝C)を勝利しています。

私はこのエクロジャイトまでで1枚壁があると思っているので、当日はミスティックロアの応援馬券の単勝に加えて、ミスティックロアとエクロジャイトを交えた馬券も購入しようと思っています。

よほど出遅れでもしない限り大崩れするところは想像しづらい馬です。

3連複の軸馬ならこちらの方が信頼感があるかもしれませんね。

▲5ライオットガール

ここ4戦を全て上がり3位以内でまとめているライオットガールを3番手評価とします。

特にこの馬はJDD組がおらず条件戦からの参戦馬が多い中で、牝馬限定とはいえ2勝Cをすでに勝ち上がっていて、牡馬に混じって出走した3勝Cでもハンデはあったものの0.3秒差と着差の少ない4着に入っている安定感と実績があります。

それでいて執筆時点で7番人気、20倍近く単勝がつくのであればとても馬券的には旨みがあるのではないかと思います。

前走は差しの競馬をしていますが、1勝Cと2勝Cを連勝した時は4角通過時3~4番手で上がりを支えていますから今回のレースとの親和性も高そうです。

△14クールミラボー

4番手に2番人気のクールミラボーです。

ドレフォン産駒はこのレースと相性がいいですし、そもそもドレフォン産駒は近々ダートリーディングを取るのではないか?というほどいい種牡馬なので要注意です。

特にドレフォン産駒の黄金形であるキングカメハメハ+SS系の血統構成、これはジオグリフなどと同じです。

芝のG3きさらぎ賞で実績のある馬でスピード能力は間違いないものがありそうです。

ここ2戦はダートを使っていて1勝Cと2勝Cで1着、2着とどちらも出遅れながらではありますがいいパフォーマンスを見せています。

どちらも上がり最速を繰り出しているところもいいですね。

懸念点としては、かなり後ろからの競馬をするので今回の前有利のレースで届くのか?というところがあります。

差し・追い込みの成績はあまりよくないですからね。

ここ5戦全てスタートで遅れているので、ミスティックロアより後ろの位置で競馬をする可能性が高いです。

いい脚で突っ込んで2〜5着あたりというイメージです。

☆3クレメダンジュ

関東オークス2着馬がちょっとなめられすぎな気がします。

執筆時点で40倍を超えていて11番人気ですか?これは今後流石に変わるのでしょうかね?

前前走1勝Cを勝った時は牡馬混合レースで勝ち切っていますし、関東オークスもいいあがりを使って0.2秒差の2着ですから実力はある馬だと思います。

性別で人気がないのであればオッズ的に旨みのある1頭ではないでしょうか?

注6オメガギネス

2戦2勝とそこを見せていない本馬を最後に抑えます。

新馬戦の時は4角で4番手から上がり最速で勝利。

1勝Cも出遅れながらポジションを上げて4角で5番手から上がり最速で勝利と今回のレースで求められる要素をしっかりと持っています。

今回先行勢が外から切り込んでくるので、前走のように出遅れてしまうと難しいかもしれませんが、5番手あたりで控えることができれば馬券内にくる可能性は十分あるのではないかと思います。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

One response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です