【全頭分析】キャロットクラブ2023募集馬検討!!最高額のG1母馬産駒が登場!! No.51~No.60

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
連載企画で私も所属しているキャロットクラブ2023年募集馬の検討記事を全頭分掲載していきます。
よろしくお願いします。

はじめに

この度はサララボの代表ジェイが連載するキャロットクラブ2023年募集馬検討記事をご覧いただきありがとうございます。

キャロットクラブ会員でもある私は、今年はシルクHC、DMMバヌーシーの2クラブで全頭分析記事を当サイトで執筆、掲載しています。

今の所出資馬の主な活躍馬は…

・ロードヴァレンチ(マーチS4着)

・ミスティックロア(レパードS出走)

・ヴァナルガンド(1勝C連対多数)

・リレーションハート(地方2勝・個人共有)

と実はキャロットクラブではまだ目ぼしい馬に出資できていない実績不足の若輩者の馬の素人ではありますが、知り得た知識の限りを用いて募集馬検討を行なっていきます。

基本的に忖度なしなので、厳しい表現となってしまう馬もいることを先にご了承ください。

あくまでも個人の見解ですので、出資判断は自己責任でお願いいたします。

また、多くの頭数を分析する関係上、1頭あたりのコメントがどうしても薄くなってしまいます。

「この馬についてもっと詳しく聞きたい」という場合は、募集期間中に複数回YouTubeLIVEを予定していますのでそちらでご質問いただければと思います。

ジェイは募集時、血統スタッツ、サイズ、馬体・歩様、厩舎などの要素を軸に検討しています。

今回の連載ではその中でも主に、血統、サイズ、馬体歩様について記載していく予定です。

執筆、投稿作業など全て1人で行なっているため誤記載や誤字等ありましたら優しくご指摘ください。

何卒お手柔らかにお願いいたします。

No51 ビートマッチの22

基本情報
一口:12.5万円
父:エピファネイア
母父:ルーラーシップ
母優先:無
コメント

母父ルーラーシップで出走したエピファネイア産駒は4頭しかいませんが、全頭が勝ち上がりを決めています。

そもそも母父キンカメはデアリングタクトを筆頭に相性がいい組み合わせとされていますからここは納得感もあります。

ただ、母父キングカメハメハで活躍しているのはデアリングタクト、イズジョーノキセキ、クラヴェル、スカイグルーヴと牝馬ばかりなのでそこは注意が必要です。

本馬は牡馬ですからね。

また、もう1つエピファネイア産駒の好走傾向として知られるサンデークロスも本馬は持っていて、いわゆるエピカメサンデーが完成した血統になります。

牡馬であること以外は、配合的には理想的と言えると思います。

牧場側もおそらく同じ見解なので、19産の全姉ミントもエピファネイアをつけていますからね。

ミントは新馬勝ちのあとアルテミスS7着でしたがその後勝ち星から遠ざかっています。

遅生まれですがすでに466kgありますし、良いサイズになりそうです。

歩様はナチュラルスピードがゆっくりですね、あまり前に前に行こうという希薄のようなものは感じられません。

これは、この撮影時にそうだったというだけかもしれませんが。

キンカメ系がしっかり出ているのか筋肉はちょっと硬さがありそうです。

トモの容量は悪くないですし可動域も狭いわけではないと思います。

飛節は左がブレ気味でしょうか?

安定しているってほどではないですが許容範囲ないだとは思います。

若い頃は2000mまで、古馬になってからは硬くなってきてマイラーくらいになるのかもしれませんね。



No52 ソートアフターの22

基本情報
一口:10.5万円
父:エピファネイア
母父:デープインパクト
母優先:無
コメント

父エピファネイア×母父ディープは勝ち上がり率32%と水準以下で、ディープ肌馬の繁殖能力の本来の高さを鑑みると、重賞馬は出ているものの相性のいい組み合わせかといわれると若干疑問です。
この組み合わせは牡馬が活躍傾向にありますので、本馬が牝馬に出ているのをどう捉えるかが難しいです。

ビートマッチの22と性別逆になって欲しいですね(笑)

オリオンファーム生産馬で2代母と母の繁殖成績が正直キャロットのこの価格帯の募集馬にしては寂しいので、それを上回る馬体の魅力を期待したいところです。

セレクトセール出身馬ですね。

遅生まれながらサイズは442kgとしっかりしたものがありますし、エピファ産駒らしく胸も深いです。

新規開業厩舎ですが福永厩舎に行くという話みたいですね。

歩様を見ると、この血統でもセレクトで落札しに行った理由はわかる気がします。

しなやかな柔らかさがあって可動域もしっかりあり、歩様のリズム感もいいです。

ナチュラルスピードも速く背中もうまく連動して使えているように見えるのでなかなか良いと思います。

遅生まれなのでここからさらに筋力がついてきてヨロが発達してくるとさらにいいですね。

伸び代はまだまだあると思います。

前は大丈夫ですが右後ろは結構外弧ですね。

左飛節は安定してまっすぐ出せていますが、右は外から回している分か、左よりブレが見られます。

ただ、ゆるゆるかと言われるとそんなことはありません。

左右差はあるものの及第点だと思いますし、遅生まれを考慮すると現時点での完成度も悪くないと思います。

あとはオリオンファーム生産馬にキャロットで行くか?

というところですかね。

No53 キャンプロックの22

基本情報
一口:15万円
父:キズナ
母父:マイボーイチャーリー
母優先:無
コメント

母父マイボーイチャーリーで出走したキズナ産駒はいません。

母父デインヒル系だと勝ち上がり率46%とやや水準を割りますが、そこまで悪くない組み合わせです。

キズナはさまざまな母系から活躍馬を出す優秀な種牡馬です。

当初は日高の繁殖ばかりでノーザン比率が低い種牡馬でしたがここ2−3世代はキズナの評価が上昇し、ノーザンでの種付けも急増しました。

牡馬の場合はパワーに溢れるダート馬やスピード馬場ではない芝で活躍する傾向があり、牝馬の場合は芝でキレる脚を使う傾向にあるので牡馬牝馬で考え方が異なる種牡馬です。

その点、本馬は牡馬で2月生まれながらサイズが425kgしかないのは気になります。

背は普通ですが、胸や腰が細いですかね?

そこまで馬体を見ると小さくも見えないのですが、、、。

キズナ牡馬の賞金上位馬は大型馬が多いので今の活躍傾向とは外れることになります。

ボトムラインを辿ると海外で活躍しているファミリーに辿り着きますが、母キャンプロックの直子の活躍が、例えばディープインパクト産駒の半兄ミッキーワンダーでも中央1勝止まりとやや物足りない気もします。

なんせ6000万円募集の馬ですからね。

歩様は、やはりそこまで小ささは感じずどちらかというとずんぐりむっくり系のキズナ牡馬っぽい雰囲気を感じます。

歩きもキビキビしていて、推進力があり悪くないと思います。

そのあたりが高額な理由なのでしょうか?

両前脚が少し内に入ってきているので前脚への負担は気になります。

飛節の安定感はあります、仕上がりは早いかもしれませんね。

個人的にはキズナ牡馬はサイズがある馬を狙いたいです。

No54 ミスティークⅡの22

基本情報
一口:9万円
父:キズナ
母父:モンズーン
母優先:無
コメント

母父モンズーンで出走したキズナ産駒は3/3頭と全頭が勝ち上がっています。

母系サドラー持ちのキズナ産駒の牝馬ではステラリアやシャムロックヒルが重賞を勝っています。

キズナはさまざまな母系から活躍馬を出す優秀な種牡馬です。

当初は日高の繁殖ばかりでノーザン比率が低い種牡馬でしたがここ2−3世代はキズナの評価が上昇し、ノーザンでの種付けも急増しました。

牡馬の場合はパワーに溢れるダート馬やスピード馬場ではない芝で活躍する傾向があり、牝馬の場合は芝でキレる脚を使う傾向にあるので牡馬牝馬で考え方が異なる種牡馬です。

母はさまざまな種牡馬から中央複数勝利やブラックタイプ馬を送り出していて、繁殖能力は間違いないものがありそうです。

ただ、サイズが415kgしかないんですよね。

牡馬に比べて牝馬の方がサイズが小さくても大丈夫だとは思うのですが、4月生まれとは言えもう少しサイズが欲しいのが本音です。

体が小さいから取り回しやすいというのがあるかもしれませんが、歩様は活気があってキビキビしていていいですよね、背中をしっかり使ってナチュラルスピードも速いです。

この馬もキャンプロックの22と同じく前が内に入ってきていますね、負担は気になります。

右後ろが外弧ですが、まあ許容範囲だと思います。

飛節のブレも大きくないですし、サイズさえあれば出資候補に入ってくるほどの1頭です。金額も3600万円ですしね。

ツアーで440kgくらいになりました、という情報があればかなり評価が一変し、申し込みを決める1頭かもしれません。一般でとれたら嬉しいですね。

ただ、ツアー時でも430kgを下回るようなサイズであれば、ちょっと手は出しづらいです。誰かツアー情報よろしくお願いします(笑)

ベルモントオークス4着の半姉ジョディーはデビュー時464kgですから、このあたりのサイズでデビューできれば面白いと思います。



No55 アディクティドの22

基本情報
一口:15万円
父:ロードカナロア
母父:ディクタット
母優先:無
コメント

母父ディクタットとの出走馬はいませんが、母父ウォーニング系だと1/2頭が勝ち上がりとなっています。

ロードカナロア産駒は母系にSS系+Special牝系というのが鉄板配合となっています。

本馬はサドラーを母系に含むのでSpecial牝系持ち。

ただSSは持ちませんし、それを代替するヘイローの血もないのでスピード能力が足りるか?というところにかかってくると思います。

半兄クルーガーとサクセッションがどちらもキングカメハメハ産駒なので本馬の場合はキングカメハメハ代替種牡馬としてロードカナロアをつけられた形だと思います。

キンカメ肌との相性は間違いないでしょうから総合的に考えると母の繁殖能力も相まってかなり魅力ある1頭だと思います。

懸念は母が高齢というところでしょうか?18産から活躍馬が出ておらずというところは気になるポイントです。

サイズが遅生まれではありますが424kgしかないのでそこも気になります、胸も浅いですし腰回りやトモも薄いです。

これから成長してくれると良いですけどね。

歩様は綺麗ですが、トモの非力さは感じますかね。

飛節は右が緩く左はしっかりしています。

トモの左右差があるのかもしれません。

血統的には芝マイルなどを意識するので、牡馬のカナロア産駒ですしもう少しボリュームが欲しいところです。

No56 チャイマックスの22

基本情報
一口:10万円
父:キタサンブラック
母父:コングラツ
母優先:無

公表事項:骨片除去手術歴有
コメント

キタサンブラック産駒は牡馬の方が勝ち上がり率優秀で重賞馬を見ていても今のところコルト気味、できれば牡馬を狙いたいです。

母系は米国ダート血統ですね。

453kgとサイズは及第点なのですが本格的な調教を開始していない中ですでに骨折歴があり、スパルタの清水厩舎とのマッチングは微妙な気がします。

ただ、歩きはゆったりとしていてストライドが広くいいですね。

中距離馬っぽい可動域です。

私はダート中距離馬が好きなので、母系のダート色が出て筋肉量が多いのでよく見えているのかもしれません。

とはいえ、牝馬ですしこの馬は普通に芝中距離じゃないですかね?

胴伸びもいいですし。

骨折したのは左後ろなので右前を注意してみましたがどっちかというと左前が怪しいですね。

X脚気味なのか、球節より上は内向きですが下は外に向かっていて、違和感を感じます。

怪我しないといいですが負担は大きそうでやはり厩舎方針を考えると…ですね。

もう一度見たら右前もX気味ですね。それを庇って後ろの怪我に繋がったのかもしれません。

ちょっとリスクが怖いですね。

No57 ハープスターの22

基本情報
一口:30万円
父:サートゥルナーリア
母父:ディープインパクト
母優先:有
コメント

クラブ期待の新種牡馬サートゥルナーリア産駒です。

サートゥルナーリア産駒はこれまで見て来た中では緩さが目立つ産駒が多かったので筋肉の締まりは特に注意してみていきたいポイントです。

母ハープスター産駒はライラスターが2勝していますが、現状期待値ほどの活躍馬は出せていません。

本馬も1.2億円募集なので、それに見合う活躍が期待できるのか?はよく吟味するべきだと思います。

サイズが2月生まれで428kgなのでそこまで今後も大きくならない可能性はありそうです。

サイズへの不安はありますが歩様は良さそうです。

母父ディープなので柔らかすぎると…と思いましたが適度なメリハリがありキビキビした歩様で良さげです。

筋肉の締まり感もあって,かなりサートゥルナーリア産駒の中でも良い歩きをすると思います。

ちょっと右前蹄は外向気味ですが、総合的には歩様は悪くないと思います。

飛節の安定感もまずまず、ここが緩い産駒が多いのでこのくらいで及第点だと思います。

回収できるかはさておき、魅力ある1頭だと思います。

この馬が走らなかったらサートゥルナーリア産駒大丈夫か?と心配になるくらいです。

回収率よりロマンと一発G1を狙いたいという方にはいい馬かもしれません。

本当はサイズがあと少し大きいと完璧なんですけどね。

No58 ダイワプロパーの22

基本情報
一口:12.5万円
父:サートゥルナーリア
母父:ダイワメジャー
母優先:無
コメント

クラブ期待の新種牡馬サートゥルナーリア産駒です。

サートゥルナーリア産駒はこれまで見て来た中では緩さが目立つ産駒が多かったので筋肉の締まりは特に注意してみていきたいポイントです。

回収面も考えるとサートゥルナーリア産駒ではこっちの方が魅力的かな?と思います。

緩い産駒が多いのでダイワメジャーで早熟性を足しつつカチッとさせる配合は好印象です。

シーザリオ血統種牡馬は母系SS入れた方がスタッツいいので本馬がこのクロスを持つこともいいでしょう。

441kgと母父を考えるともう少しサイズが欲しいですが、4月生まれなのでまだ伸び代はありそうです。

セレクションセールでわざわざ非ノーザンのこのサートゥルナーリア産駒をキャロットが落札した理由を考えると相当出来が良いのでは?と考えることもできます。

データ的にはノーザン生産が圧倒的にキャロット馬は活躍しているんですけどね。

歩きを見るとやっぱりいいんですよ、柔らかさがあって踏み込みが深く、ナチュラルスピードも速い。

そして背中の使い方や連動性がよく波打っているように見えます。

後脚もしっかり推進力を持って踏み込めていますし、横から見たところでは正直文句ないです。

その分だけ惜しいのが前脚。

めちゃくちゃ内に入って来るんですよね。

これは負担になると思うので怪我リスクはあると思います。

飛節はそこまでブレていませんし、速く走る能力は間違いないと思います。

念のためセレクションセールの上場時の動画を確認したところ募集動画より前脚はバラバラでした。

特に左前がかなりズレているように見えます、募集動画よりセリの時の方がわかりやすいです。

この馬は前脚が持つかですね。

一発ホームランのロマンはあると思います。

打率よりも1発の飛距離しか求めない!という方には良いかもしれません。

出資申込を一般でしようかと思っていましたが、セール時の歩様を見てやはり前脚ちょっと厳しいかもなと思い、私は見送ります。

森本スティーブルYouTubeチャンネルより

大活躍したら、この記事を引っ張り出してホームランでしたね、とこのリスクをとれた人を讃えようと思います。

No59 リカビトスの22

基本情報
一口:15万円
父:ドゥラメンテ
母父:ディープブリランテ
母優先:有
コメント

母父ディープブリランテで出走した産駒はまだ居ません。

母父ディープインパクト系で見ると勝ち上がり率35%と実はあまりよくないんですよね。

繁殖の質を考えるとあまり組み合わせ的によくないのかな?と勘繰ってしまうほどです。

そもそも母父ディープブリランテのポテンシャルはいかほどか?という部分もあります。

サイズは432kgとやや小柄で、この金額であればもう少し大きい方が安心できます。

ただ、横からの歩様を見ると毛色もあるかもしれませんが馬体の迫力は満点。

キビキビしていますし踏み込みの強さも感じます。

トモも筋肉が発達していますし今回の募集馬の中でも横の歩様の良さは相当上位に来ると思います。

ただ、ドゥラメンテ産駒の宿命かもしれませんが前脚が縦から見た時気になるんですよね。

特に右前はX脚気味、負担が大きそうな印象を受けます。

左前は蹄も外向しているように見えます。

飛節は安定していますね。



No60 キラーグレイシスの22

基本情報
一口:15万円
父:ドゥラメンテ
母父:コンガリー
母優先:無

公表事項:両飛節OCD手術歴有
コメント

ドゥラメンテ産駒は大活躍馬が牝馬からも出ているもののスタッツは基本的に牡馬が上位なのでコルトサイアーだと思っています。

そのため牝馬に出ていることはマイナスですかね。

母父レッドゴット系との配合では33%が勝ち上がっています、サンプル6頭なのであまり意味のある数字ではないかもしれません。

半兄キラーアビリティの良血馬ではありますが、父ディープからキンカメ系のドゥラメンテに変わるので傾向は変わりそうです。

本馬は443kgと中型サイズです。

キラーアビリティは460-70kgあたりで走っている馬なのでそのくらいのサイズに収まる可能性は十分ありそうですね。

歩きは柔らかいのですが、前脚が膝から出る感じでちょっと気になります。

筋肉の締まり感もまだあまりなく、幼い馬体に見えます。

半兄は2歳G1を制した早仕上がりの馬でしたが本馬はちょっとタイプが違うのかな?とも思います。

トモの力感がちょっと足りない気がするんですよね。

横から見た映像だけを比べるなら同じ値段ならリカビトスの22に行きたいなと思います。

前から見るとやはり、ドゥラメンテ産駒。

左前脚が曲がっているように見えて負担が大きそうです。

少し間口も広い感じで歩いているので好みの歩様ではないですね。

横から見てよくても縦から見ると…という馬がドゥラメンテ産駒は本当に多い気がします。

飛節安定感は、普通くらいでしょうか。

高額馬なのでこの価格帯なら不安要素の少ない馬を僕は選びたいです。

ただ、母系はいいですし脚が持てば突き抜ける可能性もあるとは感じます。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です