【全頭分析】ノルマンディー2023年1次募集馬検討 ~No19 アリンナの22~ byジェイ

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
連載でノルマンディーオーナーズクラブ2023年1次募集の募集馬全頭を1頭ずつ分析していきます。
評価はあくまでもジェイの個人的主観によるもので、競走成績を保証するものではありません、出資は自己責任でお願いいたします。

はじめに

この度はサララボの代表ジェイが連載するノルマンディーOC2023年1次募集馬検討記事をご覧いただきありがとうございます。

ノルマンディーOCの会員でもある私は、今年はシルクHC、DMMバヌーシー、キャロットクラブの3クラブで全頭分析記事を当サイトで執筆、掲載しています。

今の所出資馬の主な活躍馬は…

・ロードヴァレンチ(マーチS4着)

・ミスティックロア(レパードS出走)

・ヴァナルガンド(2勝C)

・リレーションハート(地方2勝・個人共有)

となっていて、18産から参入したノルマンディーOCではヴァナルガンドが最も活躍しています。

基本的に忖度なしなので、厳しい表現となってしまう馬もいることを先にご了承ください。

あくまでも個人の見解ですので、出資判断は自己責任でお願いいたします。

また、多くの頭数を分析する関係上、1頭あたりのコメントがどうしても薄くなってしまいます。

「この馬についてもっと詳しく聞きたい」という場合は、募集期間中にYouTubeLIVEを予定していますのでそちらでご質問いただければと思います。

ジェイは募集時、血統スタッツ、サイズ、馬体・歩様、厩舎などの要素を軸に検討しています。

今回の連載ではその中でも主に、血統、サイズ、馬体歩様について記載していく予定です。

執筆、投稿作業など全て1人で行なっているため誤記載や誤字等ありましたら優しくご指摘ください。

何卒お手柔らかにお願いいたします。




No19 アリンナの22

基本情報

父:マインドユアビスケッツ

母父:マツリダゴッホ

馬体重:411㎏ 

体高:150.0㎝

胸囲:170.0cm

管囲:19.0cm

血統

マインドユアビスケッツ産駒の牝馬勝ち上がり率は25%となっていて、牡馬に比べると苦しい数字です。

牡馬勝ち上がり率は40%近くあるので、ダート系の産駒が多いため仕方ない部分がありますが牝馬劣勢に出ている部分は否めません。

これまで出走したマインドユアビスケッツ産駒のうち7割がダートで出走していますから、基本的にはダート馬として考えるのが良いかと思います。

仕上がりは早く2歳夏ごろからデビューできる産駒は多いのでノルマンディーのゆっくりめの育成には良いのではないかと思います。(そこそこのタイミングで仕上がるためデビューが遅くならないので)

母父マツリダゴッホの組み合わせで出走した馬はいませんが、母父サンデー系という大きな括りで見ると勝ち上がり率39%となっているので水準以上の組み合わせとなっています。

基本的にはサンデー系の肌馬との配合を念頭に導入されていると思いますので、母系でサンデー持ちは悪いはずはないのでしょう。

一方、母父マツリダゴッホ産駒はまだサンプル数が少ないのかもしれませんが現状そこまで良い印象はないのでその辺りのポテンシャルをどう考えるかは冷静な判断が必要になってくると思います。

母アリンナは元クラブ馬の活躍馬。安価な募集額ながら中央で5勝しています。

まさにこういった馬に出資できたらノルマンディーとしては大成功だと私は思います。

今回は初仔の牝馬になりますので、サイズ面や筋肉の発達具合がどうかは馬体をしっかり見ておきたいですね、特にダートがメインになる血統なのでサイズ不足だった場合はやや評価を下げる必要はあるのかなと思います。

馬体・歩様

初仔牝馬のダート血統でこのサイズ感はちょっと手を出しづらい部分がありますね。

母に出資されていた方がご祝儀や思い入れの意味で出資される分には全く問題ないと思いますが、フラットな目線で見たときにちょっと心許ないサイズ感だなとは感じます。

静止画や歩様動画をいてもやはりトモの迫力不足な感じはします。

胸も浅いですし腰も細いですよね、もう少しお腹まわりの容量も欲しいですし筋肉の力感も欲しいです。

一方、歩様を見ると可動域の広さがあるんですよね。マインドユアビスケッツ産駒ってこんな感じでしたっけ?少なくともダート短距離の硬さではないなと思いました。

ただ筋肉の硬さも一定感じるので結局芝スタートの東京ダート1600mとかその辺りの適性になっていくのかな?と思ったり、無難にダート1800mあたりになるのかな?と思ったりしました。

横から見た踏み込みの感じは悪くないと思いますし、全身連動性は流石活躍した母の娘だけあって、良いものを持っている気がします。

縦から見た時は、外弧歩様がちょっときになりますかね?特に右後ろはけっこう振ってますね。

ただ飛節の安定感はなかなかいいので、まあプラマイゼロくらいで良いのではないでしょうか?

前脚はちょっとX脚気味でしょうか?気にしすぎかな?過度なものではないと思いますが、ちょっと違和感を感じた部分はあります。




総評

可動域はありますから、芝に行けないこともないのではないかと思いますが、これは芝馬だ!と断言するほどの柔らかさは感じませんし、ダート中距離路線で無難に行くのであればこのサイズ感だとどうしても大物感は感じられませんね。

この馬は3月生まれで、そこまで遅生まれというわけでもないですしそれなりに馬体もできているので、ここからぐんと大きくなって、、、というのは想像しづらいです。

一方、母アリンナ自身もデビュー時は424kgで2着に入っている小柄馬で、小ささは母譲りの可能性はあります。

小さいながら母くらい活躍してくれれば良いと思うのですが、母は引退時も440kgとそこまで大きくなっていないので、サイズアップはあまり見込めないかもしれません。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です