(潜入)競馬コンカフェってどんな感じ?料金は?東京•Girl’s Rule編

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
みなさん、突然ですが競馬コンセプトカフェというものに足を運ばれたことはありますか?
「行ってみたいけどめちゃくちゃ高いんじゃないか?」「お酒飲めないからなぁ…」と敬遠していたそこのアナタのために、筆者が代わりにコンカフェに潜入してまいりました!
今回はお店に行ってみた体験談や、実際どのくらいお金がかかったかなどをレポートしていこうと思います。
よろしくお願いします!

Girl’s Ruleとは?

東京都・文京区にある競馬コンカフェ、Girl’s Rule。

オープンは20時でクローズが朝の5時と遅めの時間帯です。

2軒目や3軒目のお客さんを想定しているんでしょう。

店長曰く、20時オープンでも早い方で、一般的なガールズバーは21時オープンだそうです。

場所は東京メトロ千代田線の湯島駅や銀座線の上野広小路駅、JR御徒町駅などからのアクセスが便利なところにあります。

元々はミニスカポリスのゴリゴリのガールズバーだったそうですが、コンセプトを大転換。

競馬コンカフェとしては2021年12月にオープンしたそうで、ちょうどできて1年ほどだということでした。

実はこの辺りは、ガールズバーや居酒屋などが多い繁華街。

お店に向かうまでの路上にはさまざまなお店のキャッチが大勢いて、少し圧倒されました。

ちなみに歌舞伎町のように”しつこく声をかけてついてくる”というよりはお店のボードなどを持って立っていたり、一声かけきたりくらいで、近寄るのが嫌になるほどのレベルではありませんでした。

筆者の訪問日が水曜日だったので、週末だと様相がまた違うのかもしれませんがね。

いざ、潜入取材へ!

キャッチの網を潜り抜けてお店に到着。

今回は同じくサララボライターのこがらしりなさんと共に訪問です。

Girl’s Ruleは飲食店テナントが多く入居する雑居ビルの一角なのですが、通称”ガルバビル”と呼ばれているらしく、他のフロアにもガールズバーが多く入居していました。

お店に入店すると、まず目に飛び込んでくるのは大きなウマ娘のポスター。

そして、それと同居する額縁に入った「ブラックスピネル」のゼッケン。

このゼッケンは「お客さんから譲り受けたものなんです」と説明を受けて、こんなものを寄付してくれる太っ腹さんがいるんだな〜と思って聞いていたのですが…。

後日来店したことをツイートしたところYouTube時代の視聴者さんからDMが。

なんとこのゼッケンを提供されたのはその視聴者さんだったんです!

いやはや、世間は狭いですね(笑)びっくりです。

L字型のカウンター式で、席に着くとまず料金説明を受けます。

基本的には飲み放題のセット料金がベースになり、キャストの方にドリンクを入れたり、飲み放題の範囲外のお酒を頼むと別途料金が加算されていく仕組みです。

料金システムはこんな感じ、女性の方がお安く楽しめる仕組みになっています。

最後はサービスタックが10%別途かかるので注意が必要。

クレジットカード使用の場合この割合が高くなる仕組みだそうなので、Girl’s Ruleに遊びに行く時は現金をおろしてから遊びに行くことをお勧めします。

ちなみにジェイは超絶下戸な上に、この日は取材後に別件の仕事も入っていたためお酒はほぼ飲まず、ソフトドリンクを全制覇する勢いで飲んでおりました。

他のお客さんが何を頼んでいたかはみていませんでしたが、無限にソフドリを飲みまくっていても特に嫌な顔をされることもなく、お酒が苦手な人でも問題なく楽しめると思います。

お店の雰囲気は?

みんなでガヤガヤ飲むと言うよりは、お1人で来られているお客さんが多いお店と言う印象。

「カラオケは100円でできるけど、水曜日は無料ですよ」と言われましたが、筆者の滞在中は誰もカラオケはしていませんでしたし、特に勧められることもありませんでした。

歌いたい人は、希望すれば歌えると思います。

店長の知り合いの知り合いだった馬産地シンガーのブルーノさんには歌っていただきました(※動画流してるだけですがw)。

事前に連絡していた店長のいうさんについていただき、競馬のお話やお店の成り立ちの話、はたまた、店長も実は元ゲーム配信などのYouTubeをされていた方なので、YouTubeについての話などをお話ししました。

また、店長のいうさんも広尾で一口馬主をされているということで一口馬主トークも弾みました。

店長はウマ娘もめちゃくちゃ好きらしく、りなさんはウマ娘トークで盛り上がっていましたね。

初来店なので若干の緊張感が最初はありましたが、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

料金はどれくらい?

でも、お高いんでしょう?と読者の皆さんは思っているのではないでしょうか?

ズバリ、2人で2時間滞在してガブガブ飲みまくり(僕はソフドリだけど)2人合わせてほぼ2万円でした。

りなさんは女性なので、男性より料金は安いので男性2人だともう少し値段は高くなると思います。

ぶっちゃけもう少し立ち回りを考えれば、お安く遊ぶことも可能だったと思います。

まず1セット1時間ですが、普通に話が盛り上がり楽しかったので30分延長×2で2時間滞在していました。

もちろん1セット終わるタイミングで声はかけていただけるので、気づかずに2時間経過していたわけではありませんw

普通に1セットで帰れば、もっとお安く楽しむことができると思います。

料金表を再度思い出して欲しいのですが…

コンカフェやガールズバーあるあるなんだと思いますが、スタッフドリンクが別料金になってきます。

これは、鋼の意志で頼まなければ0円です。

でもやっぱり楽しく一緒に飲みたいじゃないですか?(僕はソフドリだけど)

なので、もう何杯か覚えていないほど店長には飲んでいただきましたww

また、店長めちゃくちゃ酒強いので(多分)ガンガン飲んでもケロッとしているし…。

なんなら僕らの席にほぼついていない、もう1人のスタッフの女性にも2杯くらい入れました。

正直こういったお店は僕も行き慣れていないので、相場感がわかりませんが、豪遊ぶり?を発揮していたので、それで2人で2万円で済んでいるのは良心的なお値段なのかな?と感じました。

総括

ウマ娘好きであんまり競馬はわからないという人も、競馬好きで予想について語り合いたいという人も楽しめる場所だと感じました。

店長も一口馬主をされているので、一口馬主のお客さんも多いのかもしれませんね。

ブラックスピネルのゼッケンを寄贈した元視聴者さんの一口馬主さんも常連さんみたいですし!

激安とまではいかないまでも、お値段を気にせずに遊んでも法外な値段にはなりません。

出資馬が勝利した日や馬券で大勝ちした日など、お財布がホクホクしているときに足を運んでみるのもいいなと思った次第です。

また遊びに行こうと思います、Girl’s Ruleのみなさん、対応してくださった店長のいうさん、ありがとうございました!


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

One response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です