【全頭分析】キャロットクラブ2023募集馬検討!!クラブ期待のレイデオロ産駒登場!! No.11~No.20

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
連載企画で私も所属しているキャロットクラブ2023年募集馬の検討記事を全頭分掲載していきます。
よろしくお願いします。

はじめに

この度はサララボの代表ジェイが連載するキャロットクラブ2023年募集馬検討記事をご覧いただきありがとうございます。

キャロットクラブ会員でもある私は、今年はシルクHC、DMMバヌーシーの2クラブで全頭分析記事を当サイトで執筆、掲載しています。

今の所出資馬の主な活躍馬は…

・ロードヴァレンチ(マーチS4着)

・ミスティックロア(レパードS出走)

・ヴァナルガンド(1勝C連対多数)

・リレーションハート(地方2勝・個人共有)

と実はキャロットクラブではまだ目ぼしい馬に出資できていない実績不足の若輩者の馬の素人ではありますが、知り得た知識の限りを用いて募集馬検討を行なっていきます。

基本的に忖度なしなので、厳しい表現となってしまう馬もいることを先にご了承ください。

あくまでも個人の見解ですので、出資判断は自己責任でお願いいたします。

また、多くの頭数を分析する関係上、1頭あたりのコメントがどうしても薄くなってしまいます。

「この馬についてもっと詳しく聞きたい」という場合は、募集期間中に複数回YouTubeLIVEを予定していますのでそちらでご質問いただければと思います。

ジェイは募集時、血統スタッツ、サイズ、馬体・歩様、厩舎などの要素を軸に検討しています。

今回の連載ではその中でも主に、血統、サイズ、馬体歩様について記載していく予定です。

執筆、投稿作業など全て1人で行なっているため誤記載や誤字等ありましたら優しくご指摘ください。

何卒お手柔らかにお願いいたします。

No11 パルクデラモールの22

基本情報

一口:6万円

父:サートゥルナーリア

母父:ディープインパクト

母優先:無

コメント

血統云々の前に386kgしかサイズがない小柄な初子の牝馬なので、出資候補には入ってきません。走ったらごめんなさい枠です。

シーザリオ血統の種牡馬、特に血統的にはリオンディーズが近いと思いますが、SSクロス持ちの方が数字は良くなるので母父ディープは悪く無いと思います。

栗毛の割に筋肉の締まり感も少なく見えて筋肉量が不安です。

可動域もこの子は他のサートゥルナーリア産駒と比べるとそこまで広く無いですかね?

飛節はそこそこブレていて緩さを感じます。

成長待ちの一頭ですが、キャロットはそれが叶わないのが難しいところですね。



No12 メリートの22

基本情報

一口:12.5万円

父:ドゥラメンテ

母父:リダウツチョイス

母優先:無

公表事項:開腹手術歴あり

コメント

ドゥラメンテラストクロップです。

今年のラインナップを見ているとリバティアイランドの再来を目指しているのか、豪州系母馬との配合が多いですね。

ドゥラメンテは牡馬勝ち上がり率50%に対し牝馬勝ち上がり率は32%しか無いので牝馬は注意が必要です。

半姉ウィットサンデーは元出資馬でした。

OCD手術歴ありで追加募集でラインナップされ、追い切りは動いていたものの気性面の課題などもあり2戦惨敗、その後腰の骨折により競争能力喪失となりました。

気性面や体質面は気をつけたい一頭ですが、開腹手術歴ありとのことで、ちょっとこの時点で僕的にはリスクが大きく手が出ないです。

サイズ550kgと巨大ですね。ウィットサンデーも牝馬ながら500kg前後の馬だったので一族の特徴かもしれません。

歩様は大型馬っぽく重い感じがありました、半姉の募集時の方がキビキビしていて僕は好きでした。

No13 レオパルディナの22

基本情報

一口:10万円

父:ドゥラメンテ

母父:スニッツェル

母優先:有

コメント

ドゥラメンテラストクロップです。

今年のラインナップを見ているとリバティアイランドの再来を目指しているのか、豪州系母馬との配合が多いですね。

ドゥラメンテは牡馬勝ち上がり率50%に対し牝馬勝ち上がり率は32%しか無いので牝馬は注意が必要です。

スニッツェル産駒は豪州程の活躍は日本ではできていないので、パワー寄りになりすぎていないか、確認が必要でしょう。

サイズは449kgといい塩梅ですね。

体型はいかにもドゥラメンテ産駒らしい、びゅっとキレそうな感じ、トモは逆三角形で前と比較するとやや小さめに映ります。

歩様は豪州系が出ているのか後脚はちょっと可動域が狭めというか、硬めの歩様に見えます。

前捌きは柔らかいですね。

飛節は左がややブレ気味に見えましたが許容範囲内だと思います。

ただドゥラメンテ牝馬はよほど光るものがないと個人的にはなかなか手を出しづらいところがあります。

No14 シングルゲイズの22

基本情報

一口:12.5万円

父:ドゥラメンテ

母父:Not A Single Doubt

母優先:無

公表事項:開腹手術歴有

コメント

ドゥラメンテラストクロップです。

今年のラインナップを見ているとリバティアイランドの再来を目指しているのか、豪州系母馬との配合が多いですね。

ドゥラメンテは牡馬勝ち上がり率50%に対し牝馬勝ち上がり率は32%しか無いので牝馬は注意が必要です。

1月生まれながらサイズが413kgと小さくスタッツの低い牝馬で、手術歴もある高額馬となるとなかなか手は出しづらいですね。

トモのサイズがひゅっと小さい感じはドゥラメンテ産駒っぽいフォルムです。

サイズの割にお腹がでっぷりとした感じがしますね。

後脚の可動域は広そうな感じですが非力さは感じますね。

ここから筋肉が締まってきてどこまで変わるかというところでしょうか?

未完成な体に見えますが前脚の送りだしはきれいで飛節のブレは小さいです。

インナーマッスルが強いタイプなのか、飛節の安定感は好印象です。

もう少しサイズが大きければ…と思います。



No15 ミリッサの22

基本情報

一口:12.5万円

父:モーリス

母父:ダイワメジャー

母優先:有

コメント

モーリス×母父ダイワメジャーの勝ち上がり率は50%と優秀です。

ノーザンF生産のモーリス産駒自体の勝ち上がり率が高いですしコルトサイアー気味なので、牡馬に出ていることもプラスでしょう。

母父ダイワメジャーの早熟性が、晩成傾向のモーリスの成長を促進しいいバランスになるのでしょうかね?

当初晩成といわれたモーリスですが今年の2歳戦は特にノーザンF生産馬を中心に仕上がりの早い産駒が多く2歳戦から活躍しているので特にノーザン馬は強く晩成のイメージを持つ必要はないのではないかと思います。

SSクロス持ちはスタッツが上がるので、ここも高評価ポイント。

母母シンハリーズは名牝ですし母も中央で4勝しOP3着に入っている馬ですからボトムラインも魅力的ですね。

唯一431kgと牡馬にしてはやや小柄なのでそこはネックになってきますかね。

今後400㎏後半まで成長してこればかなり面白いのではないかと思います。

繋ぎが短く立ち気味に見えるのでケガは心配ですが歩きは悪くないと思います。

もう少し理想ではきびきび歩いてほしいところではありますが及第点かなと感じますね。

前後のバランスもいいですし、小柄ですがそこまで非力にも見えません。

飛節もそこまでぶれは大きくなく、そこそこ早めから始動できるのではないかと思います。

面白い1頭です、母優先なので一般では出資が難しいかもしれませんが。

No16 レッドレグナントの22

基本情報

一口:8万円

父:モーリス

母父:ロードカナロア

母優先:無

コメント

モーリス×母父ロードカナロアの出走サンプルはありません。

母父キングカメハメハ系だと勝ち上がり率39%と水準通りの結果となります。

ノーザンF生産のモーリス産駒自体の勝ち上がり率が高いですしコルトサイアー気味なので、牝馬に出ていることはプラスではないでしょう。

母父ロードカナロアは緩さがありトモがしっかりするまで時間がかかるタイプが多いので要注意です。

とはいえ当初晩成といわれたモーリスですが今年の2歳戦は特にノーザンF生産馬を中心に仕上がりの早い産駒が多く2歳戦から活躍しているので特にノーザン馬は強く晩成のイメージを持つ必要はないのではないかと思います。

サイズは444㎏なので可もなく不可もなくという感じでしょうか?

トモのサイズ感を見るとロードカナロアっぽさが出ているのかな?とも思います。立体感があって立ち姿はいいですね、初仔感はそこまでないと思います。

ミリッサの22以上に繋ぎが立っていて蹄も薄そうなのでちょっと怖いですけどね。

歩様は踏み込みが力強いですし、なかなか悪くないと思います。

後脚の可動域は左右差を感じ、右後ろが後ろまで伸び切っていないかなという感じはありました。

飛節のブレは少ないですね、ロードカナロアが出てゆるゆるだと嫌だなと思いましたが、しっかりしているように見えるので一安心です。

母父ロードカナロアのポテンシャルが未知数ではあるのと、母系はSS系ではなく米国系からスピード供給する形なのでこのあたりが上手くハマるか?というところでしょうか。

軽やかにキレるというよりは、パワー系で長くいい脚をつかうタイプになるのかなという気がします。ちょっとタフな馬場や、洋芝が合うのかな?と思ったりします。

No17 ルヴォワールの22

基本情報

一口:10万円

父:レイデオロ

母父:ハーツクライ

母優先:有

コメント

レイデオロとハーツの組み合わせで出走した馬はいません。

レイデオロ産駒は結構ダート色が強い馬も多いのと、気性が難しい馬が多いので牡馬の方がスタッツ良くなるのかな?と予想しています。

どちらかというとパワー系種牡馬なので母系ではスピードをしっかりプラスしたいですね。

叔父フィエールマンと豪華ではありますがステイヤー色が強い母系なのでスピードを持っているかは歩様で確認したいところです。

サイズは451kgなのでちょうどいい塩梅ですね。

馬体を見るとレイデオロ産駒にしてはコロコロしておらず、ステイヤーっぽい雰囲気を感じます。

母系が出ているのかもしれません。

筋肉量も中長距離馬ならこれくらいでいいのかもしれません、ゆったりと歩いていて可動域は広そうですね。

ただ、前脚が結構ガニ股ですね。

スピードは落ちそうな雰囲気です。

外弧というのもありますが、それにしても前肢の間口が広めに感じてあまりいい印象はありません。

そして何より飛節が緩くかなりグラグラです。

仕上がるまで時間かかりそうな印象、ちょっとこのタイプは推奨しづらいですね。

馬が成長して変わってきたら面白いかもしれません。



No18 リラヴァティの22

基本情報

一口:10万円

父:レイデオロ

母父:ゼンノロブロイ

母優先:有

コメント

レイデオロと母父ゼンノロブロイの組み合わせは2頭出走していますが勝ち上がった馬はいません。

レイデオロ産駒は結構ダート色が強い馬も多いのと、気性が難しい馬が多いので牡馬の方がスタッツ良くなるのかな?と予想しています。

どちらかというとパワー系種牡馬なので母系ではスピードをしっかりプラスしたいですね。

二代母シンハリーズとボトムラインは強力です。

463kgとサイズもいい感じですね。

歩様はいかにもレイデオロ産駒っぽくそこまでストライドの広くない歩様で若干ゆっくり歩く感じ。

この歩きの馬が去年の募集からレイデオロ産駒ではよくみられた記憶があります。

馬体的には距離あった方が良さそうですがストライド的にはマイル前後なのですかね?

歩きにあまり力強さがないのでもう少しキビキビしている馬の方が私は好きです。

飛節はブレが大きく緩さが目立ちます。

レイデオロ産駒は飛節緩い馬も、多いですね。

No19 ベルディーヴァの22

基本情報

一口:9万円

父:レイデオロ

母父:ダイワメジャー

母優先:有

コメント

母父ダイワメジャーとの組み合わせは出走馬1頭で勝ち上がってはいません。

レイデオロ産駒は結構ダート色が強い馬も多いのと、気性が難しい馬が多いので牡馬の方がスタッツ良くなるのかな?と予想しています。

どちらかというとパワー系種牡馬なので母系ではスピードをしっかりプラスしたいですね。

また、馬体に緩さがあり早熟性があまりないように見えますので母父ダイワメジャーでスピードと早熟性をプラスする配合はなかなかいいのではないかと思います。

母は短距離で活躍した馬ですしスピードの担保があるのは好印象です。

2代母ハルーワソングでシュヴァルグランを輩出した名牝系ですからボトムラインも筋が通っています。

427kgと馬体重はもう少し欲しいですが、4月生まれでまだ成長する余地を残しているとすれば及第点でしょうか?

立ち姿は筋肉の締まり感や立体感がありいい雰囲気に見えます。

歩様はナチュラルスピードゆったり系ですね。

もう少しキビキビして欲しいところではありますが可動域はしっかりありそうです。

トモ高に見えるのでまだ成長しそうな気がします。

飛節は右がブレ気味ですかね。

成長を待ちたいところはありますがキャロットは様子見できないところが辛いですね。

No20 エールデュレーヴの22

基本情報

一口:9万円

父:レイデオロ

母父:ディープインパクト

母優先:有

コメント

母父ディープインパクトで出走した馬は7頭に対し今のところ1頭勝ち上がりです。

母父ディープインパクトのポテンシャルを鑑みるとこれは現状では良い数字とは言い難いですかね。

ウインドインハーヘアクロスは重さが出てしまう気がして私は若干懐疑的です。

ディープの軽さやスピードを素直に伝えてくれたらプラスだと思いますがね。

遅生まれではありますが413kgはちょっと物足りないですね、初子の牝馬ですし少しこれは心配です。

ただ歩かせた時の横からの歩様の踏み込みはなかなかいいですね。

ナチュラルスピードも早めでキビキビしています。

これだけ歩けるレイデオロ産駒は多くないと思います。

飛節はまぁ普通ですかね?ちょっとブレてますがこれまで見てきたレイデオロ産駒よりは安定しているように見えます。

若干歩きは母父のディープっぽい柔らかさが出ているのかなと思いました。

サイズがもう少し大きければ…惜しいです。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です