【ネオムターフカップ2024】海外馬主が解説!日本馬の評価と注目海外馬は??

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
今回は日本での馬券発売はありませんが、ネオムターフカップ2024の日本馬の勝算と海外注目馬について記事にしていきます。
よろしくお願いします。

基本情報

サウジアラビア キングアブドゥルアジーズ競馬場

芝2100m(左回り)

2024年2月25日(日)日本時間1時10分出走予定

賞金
 1着 1200000ドル
 2着 400000ドル
 3着 200000ドル
 4着 100000ドル
 5着 60000ドル
 6着 40000ドル

近2年結果 

2023年

2番手追走し、4角で先頭を交わして素晴らしい手応えで直線を迎えたイギリス馬のモスターダフが完勝。2着ドバイフューチャーは3〜4番手あたりでモスターダフを前におきながらの競馬だったが、かなり差をつけられた形。この年日本馬参戦はなかった。基本前目が有利な傾向にあったと思われる。

2022年

逃げた日本馬オーソリティが直線でも手応えよく伸びて勝利。2着馬以降は中団あたりから末脚を伸ばしてきたので、中団より前目に4角あたりでいればチャンスはありそう。がっつり追い込みは厳しそうな印象、インがしっかり使えるので前がそこまで止まらない。

日本馬評価 

ハーツコンチェルト

去年のダービー3着馬。新馬戦以降、実は勝ち星には恵まれていないものの、ハイレベルなレースで構想を続けている。明け4歳となっているが、父ハーツクライの傾向を考えると古馬になってさらに成長は見込めそうな気がする。

今回初海外遠征となるが、気になるのは血統。ハーツクライ産駒で母系が米国系となっていて、スピード系の馬場で活躍しそうな配合。今のサウジの馬場がどの程度かわからないが少なくとも日本よりは重い洋芝となるため、これがどうなるか?ドウデュースも似た配合(ハーツに米国肌)で海外では苦戦傾向だった。

唯一の稍重馬場での出走となった若葉Sは4着と敗れていて、少なくとも日本よりもこの馬はプラスになることはないのではないか?と考える。

キラーアビリティ 

近5走は最高着順が5着とやや苦しんでいる印象。特にここ4走は後ろからの競馬となってしまっていて、今回の先行勢有利なネオムターフカップでは、好走傾向にも合致しない。

ホープフルSを勝利した時や、勝ちきれなかったが去年京都記念くらいのポジションを取って競馬をしてくれたらチャンスが巡ってくる可能性はある。

欧州馬などはそこまでスタートやテンが速くないので普段日本で先行できない馬でもこういった遠征時は先行できるパターンがあるため、それに期待したい。

こちらもディープに母系米国系とあまり海外の洋芝で上積みがありそうな印象はないので、いいスタートからいいポジションで、競馬をしたいところ。

スタッドリー

日本のOPレベルでは通用しているものの、重賞レベルだと1枚足りないような印象を受ける戦績の馬。ただ、ハービンジャー産駒で母系にトニービンにヌレイエフと、今回出走する日本馬の中では血統的には1番海外の芝適性はありそうで、日本での順位が逆転する可能性はあると考える。

条件戦レベルではあるが着が安定して良かった時は先行力があり、最近は年齢のせいかそれが影を潜めている。

キラーアビリティと同じコメントになってしまうが、今回良いスタートを切ってなるべく前目のポジションで折り合っておきたい。

注目海外馬

ルクセンブルク 

今回のメンバーでは確勝級かと思われる。

前走今回の舞台と芝の設定が似ている香港のシャティン競馬場でロマンチックウォリアーのアタマ差2着はとんでもないパフォーマンス。

現状実績的にもこの馬が抜けているし、元々サウジカップにも登録していたがそちらを蹴ってこちらに照準を合わせてきたと言うことは、ここなら確実に勝ち負けできるだろうと陣営もメンバーを見て考えたからだろう。

近5走のうち連対を外したのは稍重開催のアスコット競馬場だけで、ここは非常にタフな舞台なので今回のコースとは連携性はあまりないと考える。

例年よりメンバーは小粒な印象を受け、日本馬でも絶対的な馬はいないのでこの馬を中心に考えるのが定石となりそうだ。

ザフォクシーズ 

英ダービー5着と言う戦績が光るが、それよりも注目に当たりするのはその後にアメリカ遠征して臨んだベルモントダービー2着。

かなり後ろからの競馬になっていたがアメリカの芝でこれだけ走れるのであれば、サウジでも活躍する可能性は十分ありそうだ。

戦績的には今回ルクセンブルクに次ぐ馬だろうが、脚質的にかなり後ろからの競馬になるので、今回そこまでペースが流れないとなると届くのか?という心配もあり今回はルクセンブルクの方をより重視したいと思う。

グローサージャック 

一昨年のネオムターフカップ5着馬。

ただ、一昨年より今年の方がメンバーレベルは高くないと考えるので、今年はこの馬の好走があり得るかもしれない。

また、最近は良馬場〜やや重馬場での好走が多く、重馬場では負けていてパワータイプの馬場は合わなくなってきているように見受けられる。

どれだけ散水されるかにもよるが、今回のサウジの馬場はこの馬の能力を発揮するにはいい舞台になるかもしれない。

ジャックダーシー

G2ドーヴィル大賞勝ち馬。今回逃げ馬が少なく前の争いがそこまで激しくならず、ペースが落ち着く可能性もあり、そうなると逃げる予定であるこの馬に展開が向く可能性もある。

去年の時計が早かったパリロンシャンでもG2レースで2着にきた実績もあり、スピード馬場への対応力もありそう。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はトゥルーフェアリー、ロードヴァレンチ、ミスティックロア等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です