【募集馬検討】シルクHC2024年募集馬全頭分析No.61~No.70 西のコントレイル産駒が登場!

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
私も会員のシルクホースクラブ2024年募集全頭分析を行っていきます。
見解は全てジェイの私見です。出資は自己責任でお願いいたします。
ジェイの主な共有馬はトゥルーフェアリー(G1オーストラリアンオークス・G1ヴァイナリースタッドS出走)ドーンエクスプレス(川崎2勝)リレーションハート(門別・大井各1勝)出資馬は、ロードヴァレンチ(オープン)ミスティックロア(オープン)ヴァナルガンド(2勝C)ベストミーエヴァー(スイートピーS3着)などです。

No61オーロラエンブレムの23

レイデオロ メス 黒鹿毛 5/1 2,500 万円 50,000 円 渡辺薫彦

レイデオロ産駒の牝馬勝ち上がり率はサンプル49頭で4.1%と壊滅的な数字です。

牡馬勝ち上がり率38%に対しここまで極端に牝馬が悪い種牡馬はあまり記憶にありません。

牝馬が極端に悪い原因として私が考えるのは大きく2点。

1つは気性です。

レイデオロ産駒は気性難が多く牝馬はカリカリしやすいため育成が難しい、またはレースで力を発揮できないケースが散見されるのかと思います。

もう1つは馬体サイズです。馬体重がそもそも軽い産駒が多く牝馬はパドックで見ていても明らかに非力に見せる馬が多い印象を受けます。

馬体重がある馬でも、パドックで見るとサイズ以上に小さく見せる、トモや腰が頼りない感じの産駒は多い気がします。

逆にこの2点をクリアする産駒であれば牝馬でもワンチャンあるかもしれません。

母父ディープインパクトで注目されていたウインドインハーヘアクロス持ちなのですが、この配合だと特に小さくなることが多いんですよね。

この配合で出走したのは25頭なのですが勝ち上がり率16%とレイデオロの平均よりかなり悪い数値です。

母オーロラエンブレムの産駒も現時点で中央で勝ち上がっておらず、血統的にはかなり手を出しにくい1頭かと思います。

No62キラモサの23

コントレイル 牡 黒鹿毛 1/27 8,000 万円 160,000 円 高野友和

新種牡馬コントレイル産駒です。

これまでディープインパクトがつけられていた繁殖に多く種付けされていて、数多いるディープの後継種牡馬の中でも地位の高さを感じます。

ディープらしいスピード豊かで軽さのある産駒が出るのであれば、牡馬だけでなく牝馬の成績も期待できそうですね。

一方母は米国系のダート色もある血統ですから、母系も北米ダート系の配合にするとダート色は濃くなるかもしれませんね。

初年度産駒を見てもバネ感や運動神経が優れているように見える産駒が多く、飛節もしっかりしてる子が多い印象を受けます。

牧場期待値が高いのもよくわかりますね。

母キラモサはニュージーランドのG1馬、オーストラリアでのオークス・G1勝ちがありますね。

コントレイルは米国色が濃いので、豪州系の血を入れるのはなかなか面白い配合なのではないかと思います。

コントレイルのように北米系母系を持つディープ後継種牡馬キズナも豪州系繁殖との配合で活躍馬を出していますしね。

母産駒の出走済みの馬は全て勝ち上がっており、打率は高いです。大物はまだ出ていませんが、父コントレイルを迎え爆発しても全く不思議でないと思います。

No63ラッドルチェンドの23

コントレイル メス 鹿毛 4/10 6,000 万円 120,000 円 福永祐一

新種牡馬コントレイル産駒です。

これまでディープインパクトがつけられていた繁殖に多く種付けされていて、数多いるディープの後継種牡馬の中でも地位の高さを感じます。

ディープらしいスピード豊かで軽さのある産駒が出るのであれば、牡馬だけでなく牝馬の成績も期待できそうですね。

一方母は米国系のダート色もある血統ですから、母系も北米ダート系の配合にするとダート色は濃くなるかもしれませんね。

初年度産駒を見てもバネ感や運動神経が優れているように見える産駒が多く、飛節もしっかりしてる子が多い印象を受けます。

牧場期待値が高いのもよくわかりますね。

母ラッドルチェント産駒からはテルツェットが出ています。

二代母はラヴズオンリーミーで、二代母以降の活力は絶大。

期待感はありますが牝馬に出てしまっているのが結構マイナスかな?と思いますね。

ストームキャットクロスができた場合、パワー色が濃くなりダートになりがちですからね。

ラッドルチェントがサンデーの馬なのですが、産駒は個人馬主かシルクですね。

テルツェットはシルクに流れてきた馬で,活躍していますし、この子の場合は深読みしなくてもいいかもしれません。

No64ロッテンマイヤーの23

リアルスティール 牡 鹿毛 2/4 4,000 万円 80,000 円 池添学

リアルスティール産駒牡馬の勝ち上がり率は54%と非常に高い数字です。

ついにフォーエバーヤングという大物と現れ、ずっとリアルスティール産駒は過小評価されていると言い続けてきましたが、ようやく日の目を見た気がします。

私自身オーストラリアでG1に2度出走したトゥルーフェアリーがリアルスティール産駒なので、リアルスティール産駒への印象は個人的にかなり良いです。

母父クロフネの配合では43%と勝ち上がりと平均的な数値です。

少し距離が遠くなったクロフネの場合スピード要素を伝えて、必ずしもダートに、というわけでもない所も面白いところ。

リアルスティール産駒馬場はダートに出る子もいますが、本馬の場合どっちに出るのか、歩様などをみて予想したいところですね、どっちつかずにならないといいのですが。

三代母ビワハイジと良血で、母産駒は2頭出走し初子新馬勝ち、2番子も6月開幕週デビューで府中で2着と大物は出ていないものの優秀です。

コスパ的にも期待感ある1頭ですね。

No65メリーウィドウの23

ルーラーシップ メス 鹿毛 3/31 3,000 万円 60,000 円 松下武士

ルーラーシップ産駒牝馬の勝ち上がり率は35%と平均より高い数値です。

母父ゴールドアリュールの配合では8頭が出走し勝ち上がり率は63%と高い水準になっています。

母父からもわかりますが、この配合の産駒はほとんどダートで出走していますので、基本的にはダート馬として考えるのが良いかなと思います。

ダートなので本当は牡馬に出てくれたら嬉しかったですよね。

母メリーウィドウは中央4勝。

産駒は半姉ジュディッタが4勝、ヴァランシエンヌが2勝などと出走済みの産駒は3頭全て勝ち上がっており、2頭は複数勝利を挙げているので活力は十分。

価格帯的ににも複数勝利を挙げられれば十分楽しめると思いますので、コスパ的には面白い1頭になるかもしれません。ダート馬想定なのでサイズは欲しいところですね。

No66ウィキッドリーパーフェクトの23

シスキン メス 芦毛 4/24 2,800 万円 56,000 円 清水久詞

2世代目のシスキン産駒です。

初年度産駒は頭数が少ないのですがすでに勝ち上がった馬も出ており、牧場評価も高く個人的にも注目している1頭です。

母ウィキッドリーパーフェクトは北米G1馬。

母産駒ではホープフルSで2着の半兄ハートレーが父ディープインパクトで出ていますが、これまでの種付けから考えるとやや期待はずれというか、弾けきっていないような印象も受けます。

とはいえブラックタイプも出ていて全く走っていないこともないので評価が難しいところではありますね、この辺りは実馬を見て判断というところでしょうか?

打率が高い母系ではないので、しっかり馬を見る必要があるかなと思います。

No67クインアマランサスの23

サトノダイヤモンド 牡 鹿毛 1/14 3,000 万円 60,000 円 池江泰寿

サトノダイアモンド産駒の牡馬勝ち上がり率は39%と平均程度の数値です。

母父キングカメハメハでは勝ち上がり率47%と平均よりかなり高い数値です。

この配合ではシンリョクカ、メイショウシナノ、アウフヘーベンなど牡馬牝馬問わず中央で複数勝利や重賞で好走している馬が出ており、飛距離への期待感もあります。

ナダル産駒の半兄クレーキングには、歩様に惚れ込み去年申し込みをしましたがあえなく撃沈。

先日新馬勝ちを決めたので今後が楽しみに思うと共に逃した魚は大きかったかもしれないと悔しく感じているところ。

2代母はヴィクトリアマイル2着馬のヒカルアマランサスでここからはホウオウアマゾンも出ています。

母系の活力は十分ですし、父サトノダイヤモンドは現状跳ねている印象はなく人気もそこそこだと思うので、馬が良ければ価格も手頃ですし前向きに検討しようかと思います。

No68トレジャーステイトの23

インディチャンプ メス 鹿毛 1/30 3,500 万円 70,000 円 奥村豊

クラブ輩出の新種牡馬インディチャンプ産駒です。インディチャンプ産駒は東西1頭ずつですが、本馬の方が母系の活力がありそうなので本馬の方が人気になるのかな?と思っています。

母トレイジャーステイトは中央3勝。

初仔の半兄ピースオブエイトは毎日杯を制しています。

出走済み産駒3頭のうち2頭が勝ち上がっていて打率も悪くないですし、2代母ワイオラからはApproveという海外G2馬も出ています。

母はやや重厚な血統構成に見えるので、インディチャンプのスピードがいい形で子に発現するといいですね。

No69アーデルハイトの23

ブリックスアンドモルタル 牡 黒鹿毛 4/20 3,000 万円 60,000 円 坂口智康

ブリックスアンドモルタル産駒の牡馬勝ち上がり率は28%となっており、まだ初年度産駒が3歳なのでこれから上がってくる可能性もありますが、当初期待されていた期待値と比べると、どうでしょうか?

重賞馬出現率は牡馬に限ると3.8%となっており良い数値ではあるのですが繁殖の質も初年度社台を中心に良かったので、種牡馬の力なのか母の力なのかはまだ見極めにくいところです。

母父アグネスタキオンは5頭中3頭が勝ち上がっており、40%となっています。

ただ、当初活躍が期待されていた母父SS系と拡大すると実は勝ち上がり率24%と低調で、数字がなかなか上がってこないのはこの辺りが予想以上に凹んでいるという部分もあるのかな?と思います。

母アーデルハイトからはマーメイドS2着のエーデルブルーメやクイーンC3着のロッテンマイヤーなど複数のブラックタイプ馬が出ている優秀な繁殖です。

2代母はビワハイジですからボトムラインは最高レベルだと思います。

母系の割に父の影響か比較的安価な設定となっているので、良い馬であれば積極的に考えていきたい1頭ですね。

No70グランデストラーダの23

ハービンジャー メス 鹿毛 5/1 3,000 万円 60,000 円 松永幹夫

ハービンジャー産駒牝馬の勝ち上がり率は29%と平均程度の数字です。

母父ハーツクライとの配合では勝ち上がり率32%と低調です、ハーツクライ産駒もゆるさがあったりトモが古馬になるまでしっかりしてこない産駒が多いですし、ハービンジャー産駒自体も緩い馬が多いので、緩い×緩いで未勝利戦終わりに間に合わないというパターンがあるのかもしれませんね。

また、ハービンジャー産駒はほとんどがダートですが母グランデストラーダは初戦こそ芝だったものの、1勝C以降の勝利は全てダートで挙げており、このあたりがどう噛み合ってくるか、というところですね。

中途半端な形にならないと良いのですが。

本馬は初仔牝馬なのでサイズや筋肉の発達具合も要注目ですね。

告知

ジェイがこのように馬の見方を勉強する過程で、大変お世話になったオーストラリアのNSW州の中條大輝調教師と、馬の見方についてや競馬について勉強していく会員制コミュニティ「JJ Racing Club」をDMMオンラインサロンさんにて運営中です。

今年1月にはサロンメンバーの皆様と共にセリに参加し、モアナというニックネームの素晴らしいタガロア産駒の牝馬を落札できました。

オーストラリアでは日本のような馬主資格がなくとも正式な馬主になれますので、日本で馬主資格を持っていない方も共有馬主になっていただくことができます。

モアナは1/40口が約11万円、月の維持費は放牧中が月4000円程度、入厩中が月1.2万円程度となっています。

サロンでは中條調教師や獣医師のOz氏、サララボライターでもあるエムイシ氏のディープなコラムを毎週配信している他、オーストラリアンで開催されるセリに上場される注目馬ついても配信中です。

さらに、毎月中條調教師やジェイとサロンの皆様との相互交流会をオンラインで行っています。

直接調教師に質問をぶつけられる他、レース回顧で調教師やジョッキーの心理について勉強するなど大変会員の皆様の満足度が高く評判が良い交流会となっています。

オーストラリア競馬をベースに学んでいきますが日本の競馬にも活かせる部分はあると思います、ぜひお気軽にご参加ください。

~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です