【全頭分析】ノルマンディー2023年1次募集馬検討 ~No4 サウンタの22~ byジェイ

ジェイ
ジェイ
どうも、ジェイです。
連載でノルマンディーOC2023年1次募集の募集馬全頭を1頭ずつ分析していきます。
評価はあくまでもジェイの個人的主観によるもので、競走成績を保証するものではありません、出資は自己責任でお願いいたします。

はじめに

この度はサララボの代表ジェイが連載するノルマンディーOC2023年1次募集馬検討記事をご覧いただきありがとうございます。

ノルマンディーOCの会員でもある私は、今年はシルクHC、DMMバヌーシー、キャロットクラブの3クラブで全頭分析記事を当サイトで執筆、掲載しています。

今の所出資馬の主な活躍馬は…

・ロードヴァレンチ(マーチS4着)

・ミスティックロア(レパードS出走)

・ヴァナルガンド(2勝C)

・リレーションハート(地方2勝・個人共有)

となっていて、18産から参入したノルマンディーOCではヴァナルガンドが最も活躍しています。

基本的に忖度なしなので、厳しい表現となってしまう馬もいることを先にご了承ください。

あくまでも個人の見解ですので、出資判断は自己責任でお願いいたします。

また、多くの頭数を分析する関係上、1頭あたりのコメントがどうしても薄くなってしまいます。

「この馬についてもっと詳しく聞きたい」という場合は、募集期間中にYouTubeLIVEを予定していますのでそちらでご質問いただければと思います。

ジェイは募集時、血統スタッツ、サイズ、馬体・歩様、厩舎などの要素を軸に検討しています。

今回の連載ではその中でも主に、血統、サイズ、馬体歩様について記載していく予定です。

執筆、投稿作業など全て1人で行なっているため誤記載や誤字等ありましたら優しくご指摘ください。

何卒お手柔らかにお願いいたします。




No4 サウンタの22

基本情報

父:ドゥラメンテ

母父:Invincible Spirit

体高:151

胸囲:172

管囲:20

体重:418

血統

父ドゥラメンテのラストクロップになります。

ドゥラメンテ産駒の牡馬は勝ち上がり率48%と非常に優秀です。

母父インビンシブルスピリットとの組み合わせでは3頭が出走し1頭が勝ち上がり。

もう少し拡大して母父Green Desert系とするとサンプル7頭と依然少ないものの勝ち上がり率57%となっていて、相性が悪いということはなさそうです。

そもそも母系にDanzig系を入れる配合のドゥラメンテ産駒はリバティアイランドが出ていて、今年の1歳世代はノーザン社台のドゥラメンテ産駒でもDanzig系(豪州系)の母系に数多くドゥラメンテが種付けされていた印象があり、この組み合わせの良さにかけている部分はあると思います。

そのため、打率的に大成功するのかはわかりませんが、少なくともこの世代のドゥラメンテ産駒の主流配合には乗っている1頭だと思います。

全兄レッドアヴァンティはケガに悩まされたものの、しっかり中央で勝ち上がりを決めていて1勝Cも勝ち上がれるめどはたっています。

母系はキャロットで栄華を極めるシンハリーズ一族。

直近の兄妹馬はやや物足りない成績ではありますが、当たれば一発を期待できる母系だと思います。

ただ、シンハリーズ一族は体質の弱さも遺伝してしまうパターンが多く、体質面には一抹の不安が残ります。

ただでさえファミリーが弱めなのに、ドゥラメンテ産駒も脚元は弱めなので活躍するまで脚が持つか?というところもこの馬の場合は重要なポイントになってくると思います。

それなら間隔をあけて大事に使うノーザン系で狙いたいと思うところではあり、数を多く使う方針のノルマンディーとタイプ的にあっているかといわれるとやや疑問です。

とはいえ、この母系でドゥラメンテ産駒の牡馬にこの値段で出資できるというのはお得と考えることもできます。

ノルマンディー的には優しいお値段ではないですけどね。

ドゥラメンテ産駒の牡馬ラストクロップですし、人気になりそうですね。

馬体歩様

サイズがやや物足りないですね。

4月生まれなのでまだ成長する可能性はありますが、もう少しサイズがある馬を狙いたいところです。

立ち姿の写真を見ても、筋肉が張っているように見えますが、腰回りや胸は細い感じがしますよね。

また、左前が湾膝気味でしょうか?

立たせ方の問題かもしれませんが、ちょっと左前は気を付けたほうがいいかもしれません。

歩様を見ても、悪くはないのですが、迫力を私は感じないんですよね。

がつがつと推進力がある歩きをしているというよりは、若干とぼとぼ歩いているような感じで、力強さをあまり感じません。

また、背中の使い方があまり上手ではないのではないかと私は思います。

首と腰の連動性のリズム感があまりよくないというか、テンポよく歩けている感じを私は受けませんでした。

一方、飛節の安定感は素晴らしいものがあります。

もう少しドゥラメンテ産駒は飛節がゆるい馬が多かったような覚えがあるのですが、Danzigでしっかりトモがしまっているのか、安定していますね。

前脚もドゥラメンテ産駒にしてはかなり綺麗に出せている方だと思いますね。

湾膝ではありますが、縦から見た時は内向・外向などは特に気になりませんでした。




総評

ドゥラメンテ産駒のラストクロップがどうしても欲しい、キャロットに入っていないのでシンハリーズ一族の馬が欲しい!ということであれば、いいと思います。

左前の形は気になるものの、明らかにやばそうなレベルではないと思います。

ただ、今年のラインナップとノルマンディーのそもそもの方針や得意ジャンルを考えると、値段、サイズ、怪我リスクなど総合的に考えると私は他の馬を狙いたいと思いました。

そもそも私は怪我リスクの低い馬を好む傾向があるのでドゥラメンテ産駒はどうしても選びにくいところがあります。

ドゥラメンテ産駒で前脚がほぼノーリスクだ!なんて馬はほぼいませんからこのリスクを許容してギャンブルできた人だけがつかめる栄光はあると思います。

ノルマンディーはタイトルホルダーやディナースタなどドゥラメンテ産駒はしっかり走らせる成功例も持っているので、そこは頼もしいところですね。

特にディナースタはクラブ馬でそこまでサイズも大型な馬ではありませんので、母系は違いますが頼もしい先行例だと思います。


ジェイ

現役地方&海外馬主・競馬ライター

登録者4500人超え&累計再生250万回超えの一口馬主YouTuber。豪州競馬会員制コミュニティJJ Racing Club 共同代表。社会人1年目から一口馬主を始め、キャロット・シルク・ノルマン・ロード・DMMバヌーシーの5クラブに入会。地方個人共有とRSS や中條厩舎の豪州共有に加え北米MRHでマイクロシェアを行う。血統スタッツや馬体・歩様を重視していて代表馬はロードヴァレンチ、ミスティックロア、リレーションハート等。

—最近の私–

SONY ワイヤレススピーカー

Bluetoothでスマホと接続可能なスピーカー。重低音がとても強調されるので洋楽やアップテンポな曲が好きな私のお気に入り。防水機能つきなのでお風呂に持ち込んで音楽を聴きながら本を読むのが毎日の楽しみ。


~大人気競馬グッズのご紹介~

あの名馬たちがBIGぬいぐるみになって登場!愛車に乗せたり、部屋に飾ったり、使い方たくさん!最近はUFOキャッチャーの景品として販売されたりお金がかかるけど、直接買ったほうが安くて確実かも?!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です